6月 21, 2018

ベイがプロ野球球団としては初という球団肖像などを使用した「オフィシャルホテルプログラム」を開始!

で、横浜スタジアムと隣接するホテル横浜ガーデンさーんが1カ所目の公認ホテルとなり、観戦チケットが付いた宿泊プランを販売するほか、ライブビューイングを開いて新たな観戦スタイルを提供するってことみたいですぞ。 でで、このフィシャルホテルは、球団が取り組むスポーツを通じて街を盛り上げる「横浜スポーツタウン構想」の一環ってことのようで、スポーツツーリズムの推進を目指してんだと。どういうことだ?ででで、ホテル横浜ガーデンさーん、横浜スタジアムと隣接するアクセスの良さや、フルサービス型の宿泊施設であることなどが決め手となったようで、客室50室のうち5室(各部屋定員2人)をコンセプトルームとして、ユニホームをイメージしたルームドアやベイの装飾を施したりし、選手の写真なども飾り、オリジナルのアメニティーグッズを持ち帰ることができるみたいですぞ。すっごーい!そんでもって、パッケージツアー付き宿泊プランは、観戦チケット付きで、ライブビューイングは宴会場で8月ごろ実施予定で、料理も楽しめるそうですぞ!やりますな!これが「ツーリズム」なんですかなあ?分かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 17, 2016

二宮町の吾妻山公園(でシバザクラで彩られた「富士山」が見頃

でもって、園内のシバザクラ園、約1400平方メートルに白や濃淡のピンク、紫色の花約3万5千株が、葛飾北斎の「富嶽三十六景 相州梅澤庄」をイメージして色分けして植えられてんそうですな。 でで、新緑の木々の中から突如現れる鮮やかな花模様みたいなんで、こりゃぁまあ、たまげた!って感じなんですかな?ででで、4月下旬までは楽しめるようですぞ!やっほー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 09, 2013

箱根ジオパークゆかりの新名産「箱根公時(きんとき)汁」のレトルト商品

てなことで、新たな“ご当地グルメ”ってことで、来年1月の箱根駅伝でも選手らに振る舞われる予定なんだと。で、この公時汁は芋煮をアレンジしたもののようで、仙石原が大涌谷や金時山などのジオサイト(ジオパークの見どころ)に囲まれており、ジオパーク認定を記念して厚揚げで火山を表現するなど工夫を凝らしてあるんだって。でで、地元などで振る舞ったところ評判は上々で、そのうわさを聞き付けた地元の業者がレトルト化を提案し、11月中旬から箱根湯本駅構内で販売を始めてんみたいですな。まあ、とっても「いーも」んなんでしょうなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 07, 2010

明治期からの伝統を引き継ぐ相州だるまの世界が楽しめる特別展「開運!祝福!相州だるま」

で、平塚市博物館で開かれてんそうで、県内で唯一、張り子の縁起だるまを作る平塚の作品だけでなく、東京・多摩地方や群馬県高崎市など全国の名産品も飾られてんだと。でで、平塚のだるまづくりの手法は明治期に東京・多摩地方から中郡大野村(現・平塚市)に伝わったってことみたいで、さらにルーツをさかのぼると高崎だるまにたどり着くんだと。なるほど。ででで、県内では最盛期に10軒以上が店を構えたそうなんですけど、現在は、平塚市内の本家長嶋達磨店、長嶋福ダルマ物産、荒井だるま屋の3軒のみが伝統の灯を守ってんにすぎないんだって。さびしいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 03, 2010

秦野市の鶴巻温泉地区で温泉が流出?

でもって、チェリーさんのご主人とギャンブラーなべとで構成する「温研」活動の原点の鶴巻温泉地区、現在旅館として営業しているのは3軒ってことで、地区内には民間所有の五つの源泉があって、そのうち利用されているのは三つってことみたいで、深度は約45~84メートル、揚湯量は1分当たり20~40リットル、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉なんだと。でで、秦野市さーん、安定的な揚湯量を確保するため、小田急線鶴巻温泉駅前で5月から深度約千メートル、湯温41~46度、揚湯量毎分350リットルの源泉を目指し掘削を行ってきたところ、新たに湯温38・8度、揚湯量毎分約370リットルの温泉が湧き出たようで、目下、成分を分析してんだと。「温研」の新たな活動の展開につながりますかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 25, 2010

高校生の鉄道写真を中づりポスターにした「動くフォトギャラリー」号

てなことで、伊豆箱根鉄道大雄山線で運行されてんだと。でもって、展示作品、運転席の後ろから食い入るように外の風景を見る子どもや、懐かしい凸型電気機関車などをとらえた作品などなど、大雄山線のほか、三島―修善寺間を走る駿豆線の電車や風景をテーマにした約70点がつるされてんだって。ふむふむ。「芸術の、ようやくの、秋」ですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 20, 2010

「遊行寺芸能公演」

ということで、中世芸能の「説経節」復興に取り組む説教節政太夫師匠と、筑前琵琶奏者の田原順子師匠がそれぞれ出演し、遊行寺さーんを舞台に地域文化の発信・創造を目指すってことで、今週末、このお寺で開かれんだと。で、政太夫師匠、都の無形文化財だった故・二代目若松若太夫に師事し、説経節の復興に精力的に取り組んでんそうで、23日に遊行歌舞伎演出家の白石征さんの新作で、、時宗の開祖である一遍上人の生涯を描いた絵巻である「一遍聖絵」を語るんだと。こたえられませんなあ。でで、田原師匠、地唄、箏曲、三味線などを学んだ後、1975年、筑前琵琶奏者で人間国宝だった故・山崎旭翠巨匠に師事したってことで、24日に、安徳天皇の母の建礼門院(平徳子)を後白河法皇が京都の寂光院に訪ねた情景を描く「大原御幸」などを演じんだって。ブラボー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 15, 2010

地元に愛され続けてきた横須賀市の画廊喫茶「オリエンタル画廊」が、12月25日で約30年間の歴史に幕!

で、このオリエンタル画廊、33年前に、飲食業を営んでいた創業者さーんが喫茶店を兼ね備えた形でオープンしたってことで、もともとそのご当人自身が絵を描くことが好きだったのと同時に、美術の道を志していた長男が不慮の事故に遭い25歳の若さで亡くなったことが開店の契機となったんだと。おくが深そうですなあ。でもって以来、多くの芸術愛好家でにぎわってきたんだと。でで、創業者さーんが昨年6月に91歳でお亡くなりになり、後継者がいなくなったことで惜しまれながら閉鎖となったみたいなんですけど、30年間画廊に勤務した最古参の窪田典子さんの個展が開催されてんだと。厳粛に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 08, 2010

県内の代表的な奈良時代の天平文化の遺跡「相模国分寺跡」などのガイドツアー!

で、平城遷都1300年を記念し、天平文化の遺跡が奈良の都にルーツがあることを知ってもらおうっていうことで、市民ボランティア「海老名史跡ガイドボランティアの会」が開催すんだって。でもって、相模国分寺跡、相模国分尼寺跡、秋葉山古墳群の三つの国指定史跡などを訪ねるコースなど、3コースを設定してんだと。ででで、参加は無料で、海老名駅東口徒歩5分、海老名中央公園内の七重の塔前に、とにかく9日午前9時から同9時半までに集合すればいいみたいですな。ちなみに、チェリーさんは参加しませーん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月 16, 2010

身障者の巨匠たちのオリジナル作品が並ぶ、第27回グループ完「輝く生命の絵画展」

びなの市民ギャラリーで始まったそうですな。で、この完、1984年、厚木市内のリハビリテーション病院でリハビリを終えた人たちで結成されたってことみたいで、現在、約20人の会員と家族やボランティアらで活動してて、脳性まひ、リウマチ、頸髄(けいずい)損傷など抱える障害はさまざまなんだと。でもって、巨匠たち、足の指に筆を挟んだり、口に筆をくわえたりして絵に挑戦し、油絵や水彩画を制作し、63点が出品されてんだって。やっぱ、「障害も個性」ですからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧