3月 13, 2015

びなの市立杉久保小学校で給食に異物が混入!

で、、どうやら異物は透明な楕円(だえん)形のビニール片ってことのようで、5年生の男子児童くんが食缶から盛られたすき焼き風煮を米飯に掛けた際に見つけたってことで、よく見つけましたな!でで、このすき焼き風煮は市の食の創造館で共同調理されたようで、市内計7校に配送されたってことなんですけど、他に混入報告はないんだと。まずはよかった!ででで、この小学校では給食の異物混入が多発してるみたいで、本年度はこれで6件目なーんだと。むむむ?なにやら、なぞめいたような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 15, 2015

末広亭にて貴重な高座を拝見いたしました、のこころだーぁ!

でもって、2月中席ということで、「芸協」の師匠たちのお噺を拝聴しにいったチェリーさんのご主人、昼席の途中から入り、「とうきょうボーイズ」師匠らの熱演の真っ只中だったようですな。で、中入り前の一席、なんとも90歳を迎えられる「よねまる」大師匠ってことで、ありがたい高座だったようですな。少し聞き取りにくくはなっておられたようですが、お元気そうで、・・・。「うたまる」師匠の師匠なんで、ものすごーいことですぞ!その後、「しょうざ」大師匠も出られ、これまたお元気そうで、パワフルな高座だったようですぞ!でで、関東の落語家師匠で大正産まれっていうのは、このお二人のみってことのようで、いやはや大変貴重な寄席だったってことですな。ちなみに関西落語家師匠の中にもお二人おられるようで、が、そちらはもはや落語をやられなくなっちゃったんだって。あの人間国宝と「さんま」師匠の師匠みたいですぞ!興奮のひと時を過ごしたチェリーさんのご主人だったようですな!特に「落ち」はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 18, 2013

赤い羽根共同募金運動の一環で「ガチャガチャ」 on 相模原市緑区の津久井総合事務所1階

で、要は硬貨を入れてレバーを回すとカプセル入りの玩具などが出てくる「ガチャガチャ」機を活用したってことで、カプセル内には玩具の代わりにオリジナルの缶バッジを入れ、募金の200円をしてもらうと缶バッジをプレゼントする、という仕組みなーんだって。いまでもガチャガチャは人気なのかなあ?でで、缶バッジのデザインは、募金の使い道を表すものや同区のイメージキャラクター「ミウル」が描かれたものなど13種類ってことみたいで、設置は12月末までってことなんだと。ででで、まあ、これで楽しみながら募金運動に協力してもらえればよいですなあ?「当たり」はないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月 18, 2010

未来の“映画人”の育成を目的とした「日本映画大学」

映画の単科大学は日本初ってことで、2011年4月、川崎市麻生区の市立白山小学校跡地に誕生すんだって。で、この大学、教員は23人で、その内12人は制作現場の第一線で活躍している監督や脚本家が務め、残り11人は研究者らが就くようで、カリキュラムは大きく分けて創作と理論の2分野あり、撮影や編集といった技術を学ぶと同時に、歴史や文化などの知識も深めていくんだと。いやーぁ、「映画って本当にいいもんですね」。でで、この大学の母体である日本映画学校、1975年に故・今村昌平監督が横浜市に横浜放送映画専門学院として開校し、1986年に川崎市に移転し、これまでに「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督や「悪人」の李相日監督など多くの映画関係者を輩出してきたんだって。「それじゃぁ、また、さよなら、さよなら」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 15, 2010

「私の青空・終戦63」!魔殿が監督ですぞ!

ということで、チェリーさんのご主人がフレッシュマンのころ、たいへんにお世話になった魔殿なんですけど、映画監督になっちゃってんだと。で、びなにて上映会を開くっていうことで、チェリーさんのご主人、文化会館へと出かけましたぞ!でで、なーんか難しくって若輩者のチェリーさんのご主人にはちと分からなかったようですけど、たくさんの人生の諸先輩かたがたがお見えになってて、・・・、ふむふむ?が、せめて「8月15日には、あの戦争について考えよう!」ってことだけは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 04, 2010

電動車いすで横浜市内の公園を巡り紙芝居を上演する”青空劇場”

肢体不自由のハンディを乗り越え、活躍の場を広げる「紙芝居おじさーんがいるんだって。で、この紙芝居おじさーん、生後間もなく発症したポリオ(小児まひ)の影響で左足が不自由になり、市内郵便局を退職した10年ほど前からは腰や下半身のしびれが悪化し、車いすが欠かせない生活になっちゃったんだと。でで、転機は昨年5月ってことのようで、1人でも可能な「地域活動」に紙芝居を思い付き、発声練習を繰り返しながら、間の取り方も独学で身に付け、重ねてきた公演は30回を超してんだと。たいした努力ですな。ででで、カチンカチンと鳴り響く拍子木の音に誘われて集まってきたら、ヘッドマイクを通じた抑揚のある語りに、クラシックのBGMで想像力を膨らませていくのがおじさーん流なんだと。なーるほど。でもって岸根公園「劇場」が毎月第1土曜日に開かれるってことみたいですぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月 10, 2009

「プラ弁」こと河原郁夫先生!

川崎市多摩区の市青少年科学館プラネタリウムにおられる、1957年以来、半世紀以上にわたってプラネタリウム解説を続ける「プラネタリウム弁士」なんだと。で、大学在学中に所属した東京天文台(現在の国立天文台)の研究生を経て、1957年に都内のプラネタリウム解説員になり、移籍した県立青少年センターで長く解説を続け、1997年からは、建設にも携わった川崎市青少年科学館のプラネタリウムで解説を続けてんだと。べんべん!でで、「プラネタリウム弁士」、無声映画弁士の徳川夢声先生へのあこがれからのネーミングみたいで、自分の解説を毎回テープに録音してチェックし、客層によって話す内容を変えるなど工夫を凝らしてんそうですぞ!べべんべん!ででで、銀河の仕組みや夏の星座の名前のいわれなどを幅広く紹介する話術に聞き入っていると、ついつい・・・?おっと!べべんべんべんべん!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月 13, 2009

精神障害者が自主制作した娯楽映画「スギタの帝王2」

横浜市中区の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」で無料上映されたんだって。で、映画を制作したのは、精神障害者の地域作業施設「スペース杉田」の映画サークルってことで、ヤミ金業者を題材にしたビデオ映画「難波金融伝 ミナミの帝王」をコミカルにアレンジしたものなんだと。よってもって、さむーいギャグが連発されてんみたいですぞ。でで、障害者32人が出演してて、ロケでは近隣の喫茶店やスナックなどで協力が得られ、フランス料理店のオーナーシェフも出演するなど、地域住民を合わせて60人以上が撮影に参加してんそうですな。なーんかノンフィクション映画だったりして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 10, 2008

「美術セットに見る1980年代ミュージックシーン展」 at 横浜市の放送ライブラリー

で、元TBS社員で「ザ・ベストテン」、チェリーさんのご主人の青春時代ちょっと前の番組ですな、などの舞台美術を担当した三原康博さんの模型作品を通し、華々しい当時の音楽の舞台を振り返るんだと。でで、会場には、三原さんがこれまで制作、保管してきたセットの20分の1の模型だの、ラフスケッチなど約200点が並び、放映時の映像も流れてんだって。下手ながら、チェリーさんのご主人も口ずさんじゃいますな。例えば、ピンク・レディー、よくテレビごしにミニスカートをのぞいたそうですな、見えるわけないのにね、の「透明人間」のセットはトンネルのような半透明のビニールのチューブが囲んだものとか、アリス、きんちゃんは手広く事業をしてんそうですな、の「チャンピオン」は、ほの暗く青い照明の中に赤いレーザー光線が交錯して張りつめたムードを演出とか、まさに美術がその音楽を語ってますな。ふむふむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月 17, 2008

びなを映画の街?としてPRしようと、「第七回海老名プレミアム映画祭」!「栄華」は長くはつづきませんがなあ?

びなの市文化会館で催されんだって。まあ、複数のスクリーンを持つ複合映画館、略してシネコンですぞ!、がびなの駅前に2館あることから、この映画祭、映画を通じて地域経済の活性化につなげる目的で年に1度企画されてんだと。で、大ホールでは、映画「パッチギ!LOVE&PEACE」が特別上映され、知りませんぞ!、監督の井筒巨匠と主演の井坂俊哉さんのトークショーが行われたり、「海老名の魅力」をテーマに撮影された映像作品コンテストの入賞作品なんぞも上映されんみたいですな。が、だいたいチェリーさんが登場しない「びなの魅力」とは、一体全体どんな作品だ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧