« 今月5月から、町の広報紙「広報あいかわ」の配布部数を一気に1.5倍の約15,000部に拡大 | トップページ | 三浦市三崎4丁目の海南神社さーんでお子ちゃまたちの健やかな成長を願って五月人形とこいのぼりが飾られてまーす! »

5月 02, 2024

記念艦「三笠」が1961年5月に復元されてからの累計来艦者が昨1日、1千万人を突破!

でもって、現存する世界最古の鋼鉄製戦艦で、「世界三大記念艦」の一つにも数えられてるってことみたいなんですけど、戦前戦後と数々のトラブルに見舞われながらも、復元から63年で大きな節目を迎えたってことですな。でで、三笠は1902年、英国で建造され、日露戦争では連合艦隊旗艦として東郷平八郎元帥大巨匠が乗り込み、1905年5月の日本海海戦に勝利する原動力となったんだと。ずいぶん昔の話ですなあ。ででで、1923年9月の関東大震災では横須賀の岸壁に衝突し、浸水が発生し、沈没は逃れたものの、軍艦としては引退し、ワシントン海軍軍縮会議の廃棄艦に選ばれ、一度は解体が決まったものの、とにもかくにも軍縮条約調印国の英米仏伊4カ国の同意を得て、保存が決定し、護岸工事などを行い、現在地に着座させ、戦前の横須賀を代表する観光スポットとなったってことみたいですぞ。そんでもって、太平洋戦争後は旧ソ連が解体を要求したみたいなんですけど、艦体から艦橋や砲塔、煙突を撤去することで保存継続が認められたものの、一時は客足は遠のき、艦体はさびが目立つなど荒廃してしまったこともあったんだとさ。いやはや、苦難の歴史でもあったんですなあ。

|

« 今月5月から、町の広報紙「広報あいかわ」の配布部数を一気に1.5倍の約15,000部に拡大 | トップページ | 三浦市三崎4丁目の海南神社さーんでお子ちゃまたちの健やかな成長を願って五月人形とこいのぼりが飾られてまーす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月5月から、町の広報紙「広報あいかわ」の配布部数を一気に1.5倍の約15,000部に拡大 | トップページ | 三浦市三崎4丁目の海南神社さーんでお子ちゃまたちの健やかな成長を願って五月人形とこいのぼりが飾られてまーす! »