« 記念艦「三笠」が1961年5月に復元されてからの累計来艦者が昨1日、1千万人を突破! | トップページ | 小田原城を拠点に5代、約100年にわたり関東一円を支配した戦国大名・後北条氏をしのぶ「第60回小田原北條五代祭り」 »

5月 03, 2024

三浦市三崎4丁目の海南神社さーんでお子ちゃまたちの健やかな成長を願って五月人形とこいのぼりが飾られてまーす!

でもって、明後日の5日の「端午の節句」を前にして飾られているそうで、連休明けの10日ごろまで展示する予定なーんだって。でで、こいのぼりは色とりどりの約50匹が群泳し、長さ8メートルの特大サイズや珍しいのぼり旗スタイルもあり、約70体の五月人形はよろい飾りやかぶと飾り、武者人形など大小さまざまな飾りが神楽殿に並んでんみたいで、有名な武将たちのデザインをモチーフにしたかぶと飾りが一堂に並ぶ様は見応えがあるってことですぞ。ででで、いずれも氏子のみなさーんが納めたもので、以前はおたき上げをして供養していたそうなんですけど、最近は神社の倉庫で大切に保管し、回を重ねるごとに展示数も増えていんだって。迫力ありそうですぞ。お子ちゃまたちも健やかに育ちますな。

|

« 記念艦「三笠」が1961年5月に復元されてからの累計来艦者が昨1日、1千万人を突破! | トップページ | 小田原城を拠点に5代、約100年にわたり関東一円を支配した戦国大名・後北条氏をしのぶ「第60回小田原北條五代祭り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念艦「三笠」が1961年5月に復元されてからの累計来艦者が昨1日、1千万人を突破! | トップページ | 小田原城を拠点に5代、約100年にわたり関東一円を支配した戦国大名・後北条氏をしのぶ「第60回小田原北條五代祭り」 »