« 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 | トップページ | おやあ »

11月 08, 2022

こどもの国線の駅構内や電車内で歩行補助ロボットを使った実証実験を21日から28日まで in 東急電鉄さーん

で、期間中、歩行困難者のみなさーんらがロボットを装着した上で、階段の歩行、電車の乗降、車内座席への着座などの動作を検証し、参加者のみなさーんへのアンケートやロボットに蓄積された移動データを活用し、今後の鉄道施設のバリアフリー環境整備に役立てたい考えなんだって。でで、ロボットは、信州大学発のベンチャー企業・Assist Motionサーンが開発した「curara(クララ)」ッテコトデ、腰にベルトを巻いて下半身に装着すると、モーターが股関節の動きを手助けする仕組みデ、2・3キロと軽量で、着脱が容易なのが特徴ナーンダッテ。ででで、歩行補助ロボットを使った実証実験は鉄道業界で初めてってことのようで、今後のバリアフリー化に役立てばよいですなあ。

|

« 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 | トップページ | おやあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 | トップページ | おやあ »