« 建築物に使われる発泡断熱材に光を当ててアートを浮かび上がらせる湯河原町の「光彫り作家」ゆるかわふう巨匠の県内初の大規模展覧会 in 横浜のそごう美術館 | トップページ | 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 »

11月 06, 2022

夜の相模川を花火が彩る「第76回あつぎ鮎まつり」

そんなこんなで、昨日5日、同市内で行われたってことで、昼間は厚木中央公園でダンスイベントなどが行われ、夜はメイン行事の大花火大会が相模川河川敷の三川合流地点で実施されたそうですぞ。おやーぁ?でで、新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催を8月に予定していたみたいなんですけど、今夏の感染拡大でさらに11月に繰り下げての実施となったんだと。なーんだ、そういうことなんですな。ででで、とにもかくにも、午後6時から始まった大花火大会、エッセンシャルワーカーのみなさーんへの感謝と明るい未来への願いを込めた「青いスターマイン」からスタートし、例年の1万発よりは少ないものの、計7千発の花火が打ち上げられ、最後はナイアガラ花火に点火されて秋の夜空を彩ったってことなんだと。たまやー!かぎやー!レモやー!

|

« 建築物に使われる発泡断熱材に光を当ててアートを浮かび上がらせる湯河原町の「光彫り作家」ゆるかわふう巨匠の県内初の大規模展覧会 in 横浜のそごう美術館 | トップページ | 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建築物に使われる発泡断熱材に光を当ててアートを浮かび上がらせる湯河原町の「光彫り作家」ゆるかわふう巨匠の県内初の大規模展覧会 in 横浜のそごう美術館 | トップページ | 横浜市磯子区上中里町の上中里神社に眠っていた本神輿(みこし)が6日、50年ぶりに巡行 »