« 茅ヶ崎市さーんは、午後5時に流す防災行政用無線の試験放送を通常の童謡「赤とんぼ」から、加山雄三巨匠の代表曲の1つ「海 その愛」に変更 | トップページ | 実行委員会の高齢化などで昨年1度幕を下ろしたものの、地元のイベントを継承しようと地元有志が集まって復活させた、びなの秋の風物詩、「中新田かかしまつり」がびなの水田で開かれていまーす! »

9月 07, 2022

山梨県北杜市から移築した築180年の和室を利用したギャラリー「obi gallery」 in 藤沢市村岡東の住宅街

で、一戸建て住宅の中に広がる江戸後期の世界ってことでオープンしたそうで、現代と過去が同居する不思議な空間を演出してんみたいですな。でで、名主で呉服商だった方のこのお家、1842年ごろ、木造かやぶき入り母屋造りの店舗兼住宅を建てて、上座敷は総ケヤキ造りで当時の代官も宿泊し、戦時中は海軍元帥・山本五十六巨匠の家族のみなさーんも疎開していたんだと。ででで、とにもかくにもいろいろあって空き家になってたそうなんですけど、書院造りで品もあんで、作品を展示できるのでは?と思い至り、三角形の近代的な展示スペースも新築し、ギャラリーとして5月にオープンさせたんだって。まあ、行ってみないとよくわかりませんけど、なんとも今年は1年を通じてお披露目の展示を行い、9月19日までは鎌倉市在住の漆芸家・岩田俊彦巨匠と陶芸家の木村勲巨匠の2人展を開いてんそうですぞ!

|

« 茅ヶ崎市さーんは、午後5時に流す防災行政用無線の試験放送を通常の童謡「赤とんぼ」から、加山雄三巨匠の代表曲の1つ「海 その愛」に変更 | トップページ | 実行委員会の高齢化などで昨年1度幕を下ろしたものの、地元のイベントを継承しようと地元有志が集まって復活させた、びなの秋の風物詩、「中新田かかしまつり」がびなの水田で開かれていまーす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茅ヶ崎市さーんは、午後5時に流す防災行政用無線の試験放送を通常の童謡「赤とんぼ」から、加山雄三巨匠の代表曲の1つ「海 その愛」に変更 | トップページ | 実行委員会の高齢化などで昨年1度幕を下ろしたものの、地元のイベントを継承しようと地元有志が集まって復活させた、びなの秋の風物詩、「中新田かかしまつり」がびなの水田で開かれていまーす! »