« 今年の干支の「トラ」にちなんで「トラふぇす」? | トップページ | 横浜市立大学金沢八景キャンパスの生協食堂さーんが明日9日から、サステナブル・シーフード(持続可能な魚介、略してサスシー)を使ったメニューを提供 »

5月 07, 2022

「ありあけ」さーんが、横浜出身としては30年ぶり6人目の幕内力士となった荒篤山(こうとくざん)関(荒汐部屋、東前頭17枚目)に、化粧まわしを贈呈

で、3月場所で新入幕を果たしたお祝いってことで、デザインは、「ありあけハーバー」のパッケージとして長年使われているイラストレーターの故・柳原良平大巨匠が描いた世界的な客船をそのまま採用したんだと。でで、背景は荒篤山関が好きな明るい青色にしたみたいですな。ででで、チェリーさんちでも「ハーバー」を食べながら応援しまーす!「ごっさんでーす」

|

« 今年の干支の「トラ」にちなんで「トラふぇす」? | トップページ | 横浜市立大学金沢八景キャンパスの生協食堂さーんが明日9日から、サステナブル・シーフード(持続可能な魚介、略してサスシー)を使ったメニューを提供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の干支の「トラ」にちなんで「トラふぇす」? | トップページ | 横浜市立大学金沢八景キャンパスの生協食堂さーんが明日9日から、サステナブル・シーフード(持続可能な魚介、略してサスシー)を使ったメニューを提供 »