« 「ZOU─SUN─MARCHE 横浜スカーフ」 in 横浜市中区の象の鼻テラス | トップページ | ぶんちん師匠 in 国立演芸場 »

5月 01, 2022

線路の保守作業に使われる箱根登山鉄道の貨物電車モニ1形の見学会 in 入生田車両基地

てなことで、初めて行われたそうで、日頃は間近に見ることのできない登山鉄道の脇役のモニ1形、1975年に製造され、レールや枕木、線路用砂利などを車両に搭載したクレーンからつり上げて運搬する保守作業用の貨物電車なんだと。でで、夜間作業の仕事がほとんどで日中は強羅駅の片隅でひっそりと休んでいることが多かったみたいなんですけど、2月に見学会の予約を開始したところ即完売し、4月に追加販売したところこれも1分足らずで売り切れちゃったんだと。いやーぁ!なかなかの人気ですぞ!普段は見ることのできない車両の床下や屋根の機材も見学できたようで、鉄ちゃんは、興奮!ですな。ででで、「脇役」も大切でーす!ってことで、チェリーさんちの脇役であるチェリーさんのご主人にも少しスポットライトを当てますかな。

|

« 「ZOU─SUN─MARCHE 横浜スカーフ」 in 横浜市中区の象の鼻テラス | トップページ | ぶんちん師匠 in 国立演芸場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ZOU─SUN─MARCHE 横浜スカーフ」 in 横浜市中区の象の鼻テラス | トップページ | ぶんちん師匠 in 国立演芸場 »