« びなの国分寺台中央商店街で、引退した路線バスを改装して憩いの場とする町おこし事業がスタート! | トップページ | びなの駅前の商業施設「ららぽーと海老名」のリニューアル »

3月 15, 2022

スマートフォンを介して音声で視覚障害者のみなさーんの道路横断をサポートする歩行者用信号機の運用を開始 presented by 神奈川県警さーん

てなことで、今日15日から、はまの中区と旭区の計24カ所で始まるってことみたいで、2019年以降、都市部を中心に全国で導入が進められているようなんですけど、県内では初めてってことですぞ。でで、従来は「ピヨピヨ」「カッコー」などの音声を流していたんですけど、利用には専用アプリのダウンロードが必要で、対象の交差点に近づくと「○○方向の信号が青です」「○○方向の信号が青点滅になりました」などと信号の変化に応じて音声で案内してくれんだと。なかなかの優れものですな。ででで、今後の具体的な整備計画はないそうなんですけど、要望の多いところは検討してくれるようですぞ!みーんなが安心して歩ける「まち」であってほしいですな。

|

« びなの国分寺台中央商店街で、引退した路線バスを改装して憩いの場とする町おこし事業がスタート! | トップページ | びなの駅前の商業施設「ららぽーと海老名」のリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びなの国分寺台中央商店街で、引退した路線バスを改装して憩いの場とする町おこし事業がスタート! | トップページ | びなの駅前の商業施設「ららぽーと海老名」のリニューアル »