« 特殊詐欺の被害を防いだとして感謝状 | トップページ | 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 »

3月 28, 2022

平塚市の新たな文化芸術拠点「ひらしん平塚文化芸術ホール」がオープン

てなことで、このホールは、隣接地にあった平塚市民センターの後継ってことで、周辺の公共施設を含めた再整備事業の中核施設のようで、1200席の大ホールのほか、多目的ホールや囲碁文化を発信する「木谷實・星のプラザ」などもあんだと。でで、大ホールで行われた開館記念式典では、平塚市長さーんや地元小学校の児童のみなさーんらがテープカットし、続いて行われた記念公演では、神奈川フィルが歌劇「フィガロの結婚」序曲など6曲を披露し、幕開けを祝う華やかな旋律を楽しんだってことのようですぞ。ででで、昨日27日~31日には「オープニングウイーク」と銘打ち、市内の文化団体やアーティストによるプログラムが催されるってことのようで、盛り上がってんですなあ。

|

« 特殊詐欺の被害を防いだとして感謝状 | トップページ | 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特殊詐欺の被害を防いだとして感謝状 | トップページ | 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 »