« 脳出血で後遺症を負った落語家林家かん平師匠が、郷里の大和市で新作落語を披露するまでの1年間を追ったドキュメンタリー映画 in 横須賀市文化会館 | トップページ | 川崎・殿町地区と羽田空港を結ぶ多摩川スカイブリッジ(全長約675メートル)が明後日の土曜日12日に開通するのを前にして »

3月 09, 2022

子ども向けの学習図鑑「動く図鑑MOVE恐竜」(講談社発行)の一部に誤表記を見つけたのは二宮町二宮の幼稚園児、隆之将くーんでーす!

で、隆之将くーんが同図鑑を購入したのは、今年1月ってことみたいで、何度も読み返していた際、爬虫(はちゅう)類モササウルスの生息年代が正しくは「白亜紀後期」のところ、「白亜紀前期」と記されているのに気付き、自宅にある他の複数の恐竜図鑑からも、なーんでこれだけ違うのかなあ?と疑問に思い、お母さんがインターネットなどで確認し、講談社さーんに問い合わせて誤表記と分かったってことみたいですぞ。すごいことですぞ!でで、この春、隆之将くーんは卒園して小学校に進学するそうで、まだまだいろんな疑問を持って発見しつづけて行ってほしいもんですなあ。ででで、講談社さーん、誤りを認めた上で、重版の際は訂正するそうですな。

|

« 脳出血で後遺症を負った落語家林家かん平師匠が、郷里の大和市で新作落語を披露するまでの1年間を追ったドキュメンタリー映画 in 横須賀市文化会館 | トップページ | 川崎・殿町地区と羽田空港を結ぶ多摩川スカイブリッジ(全長約675メートル)が明後日の土曜日12日に開通するのを前にして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳出血で後遺症を負った落語家林家かん平師匠が、郷里の大和市で新作落語を披露するまでの1年間を追ったドキュメンタリー映画 in 横須賀市文化会館 | トップページ | 川崎・殿町地区と羽田空港を結ぶ多摩川スカイブリッジ(全長約675メートル)が明後日の土曜日12日に開通するのを前にして »