« 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 | トップページ | いやはや、もう年度末ですぞ! »

3月 30, 2022

神奈川大経営学部4年の学生のみなさーんのグループが、桜をモチーフにしたモザイクアートを完成

てなことで、桜を見て青春時代を思い出してってことで、来春に閉じる湘南ひらつかキャンパスにゆかりのある写真を集め、大小5枚のパネルを制作したそうですぞ。でで、横浜の新キャンパスに移植した桜の木から着想したプロジェクトで、思い出の風景を重ね合わせた作品に卒業生たちが再会できる願いを込めたみたいで、思い出深いんでしょうなあ。ででで、モザイクアートは、タリーズコーヒーKU白楽駅店で展示されており、みなとみらいキャンパス、湘南ひらつかキャンパスでも見ることができ、経営学部のホームページでも公開予定なんだって。ところで、チェリーさんのご主人も、その昔、若かりし学生のころ、いわゆるキャンパス内でお花見をしたことがあるようですぞ!

|

« 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 | トップページ | いやはや、もう年度末ですぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ドレミファインバーター」の名で親しまれていた京浜急行電鉄の車両の発車音が流れる自動販売機が4月1日、横浜駅に導入 | トップページ | いやはや、もう年度末ですぞ! »