« レーダー衛星で市内の崖をミリ単位で観測し、変化があった場所の把握、土砂災害の未然防止につなげる全国初の取り組み | トップページ | 子ども向けの学習図鑑「動く図鑑MOVE恐竜」(講談社発行)の一部に誤表記を見つけたのは二宮町二宮の幼稚園児、隆之将くーんでーす! »

3月 08, 2022

脳出血で後遺症を負った落語家林家かん平師匠が、郷里の大和市で新作落語を披露するまでの1年間を追ったドキュメンタリー映画 in 横須賀市文化会館

で、かん平師匠、県立大和高卒業後、七代目橘家圓蔵大師匠に弟子入りし、1985年に真打ちに昇進したんですけど、1990年、後に門下となった初代林家三平の追善興行の打ち上げでビールを飲んだ直後に卒倒し、41歳で右半身不随と言語に障害を抱えてしまい、それでもリハビリに励み、翌1991年に高座に復帰したんだと。いろんなことがあったんですなあ。でで、映画「涙の数だけ笑おうよ-林家かん平奮闘記」(85分)は、、かん平師匠が自身のリハビリと、今は亡き母せつ子さんの介護の傍ら、新作落語の創作に挑戦し、同窓生らが大和市内で開く「林間楽語会」で披露する姿を追うもののようですぞ。ででで、「なみだ」を「笑い」に替えるって難しいですけど、なーんか大事なことかなあ。

|

« レーダー衛星で市内の崖をミリ単位で観測し、変化があった場所の把握、土砂災害の未然防止につなげる全国初の取り組み | トップページ | 子ども向けの学習図鑑「動く図鑑MOVE恐竜」(講談社発行)の一部に誤表記を見つけたのは二宮町二宮の幼稚園児、隆之将くーんでーす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レーダー衛星で市内の崖をミリ単位で観測し、変化があった場所の把握、土砂災害の未然防止につなげる全国初の取り組み | トップページ | 子ども向けの学習図鑑「動く図鑑MOVE恐竜」(講談社発行)の一部に誤表記を見つけたのは二宮町二宮の幼稚園児、隆之将くーんでーす! »