« 機能性とデザイン性を高めた僧侶らの作業着「作務衣(さむえ)」が誕生 presented by 鎌倉シャツの愛称で親しまれるアパレル会社「メーカーズシャツ鎌倉」さーんと古都の寺院さーんの協力 | トップページ | 今年一年の家内安全や無病息災を祈願する「初薬師」 by 伊勢原市の山あいにある日向薬師さーん »

1月 09, 2022

約2万本のロウバイが新春の山肌を黄金色に染める「寄(やどりき)ロウバイまつり」 in 松田町寄の寄ロウバイ園

てなことで、昨年は緊急事態宣言で中止となり2年ぶりの開催ってことのようで、1月15日から2月6日まで開催してんそうですぞ。またまた新型コロナが拡大してきてますけど、大丈夫かなあ?でで、地域の観光の目玉にしようってことで、2006年に地元の町立寄中学校、が、現在は閉校となっちゃってんだと、の生徒のみなさーんが耕作放棄地に卒業記念としてロウバイを植樹したのがきっかけってことのようで、その後も地域住民のみなさーんの手で植樹を続けて現在は1.3ヘクタールの敷地に2万本が甘い香りとともに黄色い花を咲かせてくれるみたいですぞ!いやはや、ご苦労さまでーす!ででで、例年、1月下旬から2月上旬が開花のピークってことなんで、これからがまさに良い見ごろですな。となると、その後は「梅干し」になっちゃうのかなあ?

|

« 機能性とデザイン性を高めた僧侶らの作業着「作務衣(さむえ)」が誕生 presented by 鎌倉シャツの愛称で親しまれるアパレル会社「メーカーズシャツ鎌倉」さーんと古都の寺院さーんの協力 | トップページ | 今年一年の家内安全や無病息災を祈願する「初薬師」 by 伊勢原市の山あいにある日向薬師さーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機能性とデザイン性を高めた僧侶らの作業着「作務衣(さむえ)」が誕生 presented by 鎌倉シャツの愛称で親しまれるアパレル会社「メーカーズシャツ鎌倉」さーんと古都の寺院さーんの協力 | トップページ | 今年一年の家内安全や無病息災を祈願する「初薬師」 by 伊勢原市の山あいにある日向薬師さーん »