« 「南岸低気圧」の通過に伴い、神奈川県内は大雪 | トップページ | 約2万本のロウバイが新春の山肌を黄金色に染める「寄(やどりき)ロウバイまつり」 in 松田町寄の寄ロウバイ園 »

1月 08, 2022

機能性とデザイン性を高めた僧侶らの作業着「作務衣(さむえ)」が誕生 presented by 鎌倉シャツの愛称で親しまれるアパレル会社「メーカーズシャツ鎌倉」さーんと古都の寺院さーんの協力

で、住職さーんや僧侶さーんの声から使いやすさを追求した新しい作務衣ってことみたいなんですけど、財布や鍵を落とさないようなポケットを付けたり、胸元がはだけにくい構造にしたりと工夫が凝らされてんようですな。でで、有名デニムメーカー「カイハラ」さーんの耐久性の高いデニムを使用し、国内工場でシャツと同様の丁寧な縫製に仕上げ、1年以上の試行錯誤を重ね完成させたってことなんだと。ででで、なんとも1着約2万円ってことなんですけど、昨秋にウェブサイトで発売すると、用意した750着が即完売となり、目下、入荷待ちとなってんみたいですぞ。これを着てチェリーさんのご主人も、煩悩を捨て、少し身を清めてみたらどうですかな?

|

« 「南岸低気圧」の通過に伴い、神奈川県内は大雪 | トップページ | 約2万本のロウバイが新春の山肌を黄金色に染める「寄(やどりき)ロウバイまつり」 in 松田町寄の寄ロウバイ園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「南岸低気圧」の通過に伴い、神奈川県内は大雪 | トップページ | 約2万本のロウバイが新春の山肌を黄金色に染める「寄(やどりき)ロウバイまつり」 in 松田町寄の寄ロウバイ園 »