« 鳥取にまつわる書籍を販売する書店「鳥取堂」が今夏、オープン in 横浜市中区北仲通のコワーキングスペース | トップページ | 今夏の東京五輪で平塚市を事前キャンプ地としたリトアニアとの絆を五輪後につなげようと、母国の家庭料理のレシピをまとめた料理本を発行 »

9月 20, 2021

毎号、お子ちゃまたち一人一人の個性的な字体で飾られる「広報えびな」でーす!

でもって、毎月1日と15日に発行されるびなの広報紙「広報えびな」なんですけど、1号ずつ見ていると気付きにくいようなんですけど、表紙のタイトルロゴ「えびな」は実は毎号、字体が異なってんだと。自治体広報紙としては異例ってことのようで、市内の小学4年生のみなさーんが応募してきた作品を採用しているためなんだと。はまにいるチェリーさんのご主人も読んでいるんですけど、気がついてたのかなあ?でで、小学生のみなさーんの字を使い始めたのは2018年1月からってことみたいで、なんとも小学校の夏休みの選択制の課題の一つに入れてもらってんだと。ででで、今年なんぞ、市内の全小学4年生のみなさーん約1200人の半数近い562人が応募し、過去最多となったってことで、来年の文字の選択がなされているみたいですな。

|

« 鳥取にまつわる書籍を販売する書店「鳥取堂」が今夏、オープン in 横浜市中区北仲通のコワーキングスペース | トップページ | 今夏の東京五輪で平塚市を事前キャンプ地としたリトアニアとの絆を五輪後につなげようと、母国の家庭料理のレシピをまとめた料理本を発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取にまつわる書籍を販売する書店「鳥取堂」が今夏、オープン in 横浜市中区北仲通のコワーキングスペース | トップページ | 今夏の東京五輪で平塚市を事前キャンプ地としたリトアニアとの絆を五輪後につなげようと、母国の家庭料理のレシピをまとめた料理本を発行 »