« 歯のトータルケア | トップページ | 新型コロナワクチン第一回目 »

9月 13, 2021

開業100周年を迎えるJR相模線さーんの歴史を紹介しようと寒川町さーんがオンラインの企画展を開催

で、相模線、1921年9月28日、相模川の砂利を輸送する目的で相模鉄道の茅ケ崎─寒川間が開業したそうで、1944年に国が買収し、1987年には国鉄民営化に伴いJR東日本に移管されたってことなんだと。でで、企画展では運行会社設立にまつわる個人蔵の資料や、延伸などこの線の節目をとらえた事業報告書、戦前の新聞記事などが展示されてるってことで、1972年に8ミリフィルム撮影された沿線の風景などの静止画像や、沿線住民のみなさーんらが撮影した写真も並んでんだと。ででで、今年は橋本までの全線開通90年、気動車から電車に切り替わって30年と節目が重なることから、寒川文書館さーん、100年の歴史を振り返りたーい!ってことのようですな。いやはや歴史を感じますなあ。

|

« 歯のトータルケア | トップページ | 新型コロナワクチン第一回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯のトータルケア | トップページ | 新型コロナワクチン第一回目 »