« アジサイが見頃を迎えている横浜市西区の横浜イングリッシュガーデンで来園者数が100万人に到達! | トップページ | 1914年に神奈川県の三浦半島沖で採集されて以来未確認で、幻のイソギンチャクとされる「ヨウサイイソギンチャク」が、約100年ぶりに見つかったってことですぞ! »

6月 16, 2021

川崎駅~鶴見駅・横浜駅の区間に位置するJR東海道線/京浜東北線の「古市場踏切」と前後道路の拡幅を6月8日に完了!!

でもって、一部の舗装工事などは継続しており、7月中に完成する予定なんだと。でで、古市場踏切は遮断時間が長く、短時間に多くの自動車と自転車、歩行者のみなさーんが同時に横断するってことみたいで、接触事故の懸念がある踏切として位置付け、踏切と前後道路を拡幅して歩行者空間などの確保を行なう整備を2018年度から進めてたんだと。ででで、拡幅後は、全体を8mから9.5mへ1.5m拡幅。両側に、1.5m、2mの歩行者空間を設けるとともに、カラー舗装により歩行者空間を分かりやすく識別できるようにしてんだって。まあ、とにもかくにも気を付けて横断してくださーい!

|

« アジサイが見頃を迎えている横浜市西区の横浜イングリッシュガーデンで来園者数が100万人に到達! | トップページ | 1914年に神奈川県の三浦半島沖で採集されて以来未確認で、幻のイソギンチャクとされる「ヨウサイイソギンチャク」が、約100年ぶりに見つかったってことですぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジサイが見頃を迎えている横浜市西区の横浜イングリッシュガーデンで来園者数が100万人に到達! | トップページ | 1914年に神奈川県の三浦半島沖で採集されて以来未確認で、幻のイソギンチャクとされる「ヨウサイイソギンチャク」が、約100年ぶりに見つかったってことですぞ! »