« 新型コロナに負けるな!と、箱根の空に花火が打ち上げられたってことですぞ!ブラボー! | トップページ | 座間市役所の入り口に新型コロナウイルスの早期収束を願った大凧を設置 presented by 座間市大凧(おおだこ)まつり実行委員会さーん! »

4月 12, 2021

国内で最も深い水深を誇る岸壁を備えた横浜港の南本牧ふ頭のコンテナターミナルが今月から本格運用を開始!

でもって、世界最大級のコンテナ船の接岸が可能で、コンテナ搬出入には情報通信技術を取り入れた国内初のシステムを導入したってことで、大型化する船舶や増加する貨物に効率良く対応することで横浜港の国際競争力向上を目指すみたいですな。でで、南本牧ふ頭は四つの岸壁を備え、総延長1.6キロで最大水深は18メートルってことで、2001年にMC1、2岸壁、2015年にMC3岸壁が供用開始され、昨年8月にMC4岸壁の暫定供用が始まっていて、今月までに中央管理棟などが完成したことで施設全体を一体運用できるようになり、効率的な船舶受け入れや荷役が可能になったってことなんだと。ででで、さらなる横浜港の発展に寄与できるかも?ってことなんだと。となると、あの「カジノ」は?

|

« 新型コロナに負けるな!と、箱根の空に花火が打ち上げられたってことですぞ!ブラボー! | トップページ | 座間市役所の入り口に新型コロナウイルスの早期収束を願った大凧を設置 presented by 座間市大凧(おおだこ)まつり実行委員会さーん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナに負けるな!と、箱根の空に花火が打ち上げられたってことですぞ!ブラボー! | トップページ | 座間市役所の入り口に新型コロナウイルスの早期収束を願った大凧を設置 presented by 座間市大凧(おおだこ)まつり実行委員会さーん! »