« 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、春の伝統行事「鎌倉まつり」を「静の舞」のオンライン配信のみ開催 | トップページ | ベイのはまの番長監督が「純国産メンバー」で臨む、26日の巨人との開幕戦 »

3月 24, 2021

伊勢原市西富岡の発掘現場で、縄文時代後期の埋没林が発見

で、台地上で炭化していない樹木が発見されるのは全国でも初めてとみられるみたいですな。たまげた!でで、見つかったのは西富岡・向畑遺跡の発掘現場ってことで、昨年12月以降、約700平方メートル内で全長約10メートル、直径約60センチのカエデなどの樹木が倒れた状態で発掘され、長さ数センチ程度のものを含めると、100本以上に上るんだと。ででで、近くで発見された土器や火山灰の特徴から、埋没林も縄文時代後期のものと推定したようで、チェリーさんが産まれるどのくらい前のことなんだろう?分かるかなあ?分かんねえだろうなあ?

|

« 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、春の伝統行事「鎌倉まつり」を「静の舞」のオンライン配信のみ開催 | トップページ | ベイのはまの番長監督が「純国産メンバー」で臨む、26日の巨人との開幕戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、春の伝統行事「鎌倉まつり」を「静の舞」のオンライン配信のみ開催 | トップページ | ベイのはまの番長監督が「純国産メンバー」で臨む、26日の巨人との開幕戦 »