« 地元食材を使った「宮ケ瀬豚まん」と名付けた小ぶりな肉まん | トップページ | 飼育担当職員の方が新型コロナウイルスに感染し休園していた夢見ケ崎動物公園の動物園エリアについて、28日から再開 »

1月 25, 2021

かつて採石業が盛んだった伊勢原をPRしようと、伊勢原市日向の「錦織石材店」さーんが今年のカレンダーを黒御影石で製作し、販売!

で、 カレンダーは縦約20センチ、横約40センチ、厚さ約1センチで、重さ約1.5キロってことで、受注生産で注文から完成まで1カ月ほどかかるそうですぞ。ちなみに、干支(えと)にちなみ、牛のかぶり物をしたい伊勢原市のイメージキャラクター「クルリン」もデザインされているってことですな。でで、どうやらこの地区では日向石と呼ばれる凝灰岩が採石され、生活用品や建築材料などに加工されて活用されていたみたいなんですけど、ほかに安価な石材が普及するなどし、半世紀ほど前に採掘しなくなっちゃったんだって。あらら。ででで、これで日向石の良さが伝わりますかな。「ストーン」といけばいいですな。

|

« 地元食材を使った「宮ケ瀬豚まん」と名付けた小ぶりな肉まん | トップページ | 飼育担当職員の方が新型コロナウイルスに感染し休園していた夢見ケ崎動物公園の動物園エリアについて、28日から再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元食材を使った「宮ケ瀬豚まん」と名付けた小ぶりな肉まん | トップページ | 飼育担当職員の方が新型コロナウイルスに感染し休園していた夢見ケ崎動物公園の動物園エリアについて、28日から再開 »