« チェリーさんのご主人の実家をプチ整理 | トップページ | 箱根町立湯本小学校で14日夜、ドライブインシアター »

11月 17, 2020

鎌倉文学館さーんが開館35周年を記念し、特別展「川端康成 美しい日本」を開催

でもって、1935年から鎌倉に暮らし、日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した作家・川端康成大巨匠、数多くの作品を生み出してきて、一貫して追求してきた日本の伝統美や鎌倉とのゆかりの深さを、作品の原稿や愛蔵品など約80点から感じ取れるんだって。でで、会場では、川端大巨匠が書斎で愛用した鎌倉彫の机や、土偶に埴輪(はにわ)、ロダンの彫刻「女の手」など愛蔵美術品が展示されてんそうで、川端大巨匠に宛てた署名付きの太宰治大巨匠の小説集「晩年」や中原中也大巨匠の詩集「山羊の歌」は初めて公開したってことみたいで、「雪国」「千羽鶴」や未完小説「たんぽぽ」などの自筆原稿、戦況悪化で表現の場を失った川端ら有志が若宮大路に開いた貸本屋「鎌倉文庫」の記録もあるってことですぞ!ででで、「雪国」ぐらいかなあ?

|

« チェリーさんのご主人の実家をプチ整理 | トップページ | 箱根町立湯本小学校で14日夜、ドライブインシアター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェリーさんのご主人の実家をプチ整理 | トップページ | 箱根町立湯本小学校で14日夜、ドライブインシアター »