« 横浜市営バスの全路線で2人乗りベビーカーに子どもを乗せたまま乗車できるように! | トップページ | 地元の名湯・鶴巻温泉をアピールしようと、「つるまき千の湯入浴剤」の売れ行きが好調 »

10月 28, 2020

坂本龍馬巨匠の妻・おりょう巨匠が暮らした神奈川県横須賀市内4カ所のうち、「ゆかりの地」を示すものがなかった2カ所に今月、案内板が設置

でもって、地元の歴史サークル「湘南海援隊」さーんが署名を集めて横須賀市さーんに働き掛けたことで実現したんだと。でで、新たに設置された二つの案内板にはそれぞれ、おりょうが暮らした時期や出来事などが明記されてんそうで、なんとも、こだわりの解説なーんだって。気になりますな!ででで、おりょう巨匠、龍馬巨匠の死後、全国各地を転々とし、1874年に横須賀に移り、1906年に生涯を閉じるまで大津町、深田台、上町、米が浜通の順に市内4カ所で暮らしたってことなんですけど、米が浜通には葬儀場「おりょう会館」と記念碑、大津町には案内板がすでにあった一方で、深田台と上町にはゆかりの地と分かるものはなかったんだって。これで4か所そろいましたな。まあ、これで「了」ということで。

|

« 横浜市営バスの全路線で2人乗りベビーカーに子どもを乗せたまま乗車できるように! | トップページ | 地元の名湯・鶴巻温泉をアピールしようと、「つるまき千の湯入浴剤」の売れ行きが好調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜市営バスの全路線で2人乗りベビーカーに子どもを乗せたまま乗車できるように! | トップページ | 地元の名湯・鶴巻温泉をアピールしようと、「つるまき千の湯入浴剤」の売れ行きが好調 »