« 梅雨はいつになったら開けるのかなあ? | トップページ | 小田急線片瀬江ノ島駅の改札口前のコンコースにミズクラゲが漂う大型の水槽が完成 »

7月 30, 2020

川崎市多摩区にある老舗パン工場「富士ベーカリー」さーんが3月から始めた直売が、人気

で、1949年の創業以来、3代にわたって学校給食用のパンを製造してきたそうなんですけど、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校で、売り上げがゼロになっちゃったんで、初めて直売したところ、「行列ができるパン屋さーん」になってんだって。でで、メニューボードには、給食でおなじみのコッペパンのほか、あんパン、カレーパンなどとがあるみたいなんですけど、バゲットやクロワッサンなど小じゃれたものはないんだって。ででで、まさにこどものころに給食で食べていた「味」に再会できるってことなんですかな?チェリーさんのご主人も「再会」しにいけばいいのに!

|

« 梅雨はいつになったら開けるのかなあ? | トップページ | 小田急線片瀬江ノ島駅の改札口前のコンコースにミズクラゲが漂う大型の水槽が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨はいつになったら開けるのかなあ? | トップページ | 小田急線片瀬江ノ島駅の改札口前のコンコースにミズクラゲが漂う大型の水槽が完成 »