« JR東神奈川駅に、手作りの伝言板を活用した七夕飾りがお目見え | トップページ | 新しい地図が発刊されたことにより書店などから回収され処分される「廃図」を使用した「地図扇子」 presented by 日本地図センターさーん »

7月 07, 2020

市場に出回らないキャベツを使ったムラサキウニの養殖に取り組んでんそうですぞ!

で、地元に愛される一品を育てようと、逗子市の小坪漁業協同組合さーんと地元食材の加工販売を手掛ける合同会社こつぼさーんが力を合わせているみたいですぞ。でで、海藻類が衰退・消失する磯焼け被害があるみたいで、その磯焼け、海水温の上昇や、ウニやアイゴなどの食害が一因と考えられており、多様な生物が育つ藻場の消失は全国的に問題となってんだと。知りませんでしたな!ででで、そんなこんなで、市場に出回らないキャベツの外葉を提供を受けて、細長く切ったり塩漬けにしたりしたキャベツを、小坪の磯で採った1500個のウニに与えて養殖し、3カ月ほどかけて育てたそうですぞ。どーんな感じなのかなあ?

|

« JR東神奈川駅に、手作りの伝言板を活用した七夕飾りがお目見え | トップページ | 新しい地図が発刊されたことにより書店などから回収され処分される「廃図」を使用した「地図扇子」 presented by 日本地図センターさーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JR東神奈川駅に、手作りの伝言板を活用した七夕飾りがお目見え | トップページ | 新しい地図が発刊されたことにより書店などから回収され処分される「廃図」を使用した「地図扇子」 presented by 日本地図センターさーん »