« 手掛けた四つの城は「三浦一族」にゆかりがある山城の「御城印」 presented by 横須賀を中心に歴史を伝える活動をする山城ガールむつみさーん | トップページ | 小田原駅のシンボルで、昨年10月の台風19号で破損した大ちょうちんをモチーフにした折り鶴アート »

6月 24, 2020

三浦市の海南神社さーんで境内にある池の水を抜いてみれば、濁った水で見えなくなっていた「水神さま」と呼ばれる石碑のお姿が!

でもって、なんとも池の水が抜かれるのは半世紀ぶりなんだと。でで、幅約5メートル、長さ約20メートル、水深約2メートルの池の水が抜かれたのは1970年ごろ以来ってことで、コイや亀が生息する池は、ヘドロで黒く濁り、水中は見えない状態が長年続いていたそうなんですけど、どうやら、あのテレビ番組の撮影だったようですぞ!見なきゃ!ででで、石碑は高さ約2.4メートル、幅約1.9メートルってことで、神像や武人、てんぐ、修験僧など9体の像が彫られ、かつては三崎の漁師が出漁する際に海上安泰を祈ったとされるんだと。

|

« 手掛けた四つの城は「三浦一族」にゆかりがある山城の「御城印」 presented by 横須賀を中心に歴史を伝える活動をする山城ガールむつみさーん | トップページ | 小田原駅のシンボルで、昨年10月の台風19号で破損した大ちょうちんをモチーフにした折り鶴アート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手掛けた四つの城は「三浦一族」にゆかりがある山城の「御城印」 presented by 横須賀を中心に歴史を伝える活動をする山城ガールむつみさーん | トップページ | 小田原駅のシンボルで、昨年10月の台風19号で破損した大ちょうちんをモチーフにした折り鶴アート »