« 新型コロナでさくらっちはどうなっちゃうのか? | トップページ | 横浜公園でチューリップが、咲き誇っているそうですぞ! »

4月 03, 2020

フランス・パリ在住の作家、マム ドゥー・アヌワー巨匠が横浜・元町で、イスラム教徒の女性が体を覆う布「ヒジャブ」を身にまとったエジプトや、モロッコの女性を描いた作品展を開催!

で、エジプトやモロッコで生まれ育ったアヌワー巨匠、5歳から絵を描き始め、イタリアで油絵を学び、プロの画家になって、40年ほど前にフランス国籍を取得し、パリを拠点に国内外で作品を発表してんそうで、奥さんが山手地区に暮らしていることが縁で来日し、横浜で開催してんだと。なるほどーぉ!でで、作品では、エジプトやモロッコなどの女性を多く描いているそうで、宗教上の理由で、目元以外を布で覆う女性たちが、唯一見せる目元から何かを感じて、この作品展を「Golden Eyes」と名付けてんだと。ででで、会場は、ギャラリー兼すし店「Gallery+Sushi三郎寿司(すし)あまね」ってことなんですけど、新型コロナウイルスの影響は大丈夫かなあ?

|

« 新型コロナでさくらっちはどうなっちゃうのか? | トップページ | 横浜公園でチューリップが、咲き誇っているそうですぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナでさくらっちはどうなっちゃうのか? | トップページ | 横浜公園でチューリップが、咲き誇っているそうですぞ! »