« 相模原市緑区の津久井地域で愛されてきた津久井在来大豆のみそを使ったクッキー「香ばしい味噌(みそ)クッキー」 | トップページ | 「高島屋」さーんや「そごう・西武」さーんは当面、食料品フロアのみ営業へ! »

4月 07, 2020

横浜市磯子区の老舗和菓子店「磯子風月堂」さーんが半人半魚の妖怪「アマビエ」を再現した新商品の販売を開始!

てなことで、アマビエの絵姿を見た人は疫病から逃れられるという伝説があり、感染拡大を続ける新型コロナウイルスの終息への願いを込めているってことみたいですぞ!でで、そのアマビエ、長い髪にくちばし、胴体はうろこに覆われた姿で、江戸時代の瓦版に掲載され、「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と告げて海に消えたとの言い伝えがあるんだと。ででで、その新商品「アマビエ」、こしあんが入った練り切りに、瓦版に描かれたアマビエの絵を現代風にアレンジして再現し、ワラビや青海波の文様など、さまざまな焼き印を組み合わせ、口の形ははさみを使ってんだと。まあ、よってもって、和菓子を見て食べて、笑顔でこの難局を乗り越えられれば、「和菓子の恩」ってことになりますな!

|

« 相模原市緑区の津久井地域で愛されてきた津久井在来大豆のみそを使ったクッキー「香ばしい味噌(みそ)クッキー」 | トップページ | 「高島屋」さーんや「そごう・西武」さーんは当面、食料品フロアのみ営業へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相模原市緑区の津久井地域で愛されてきた津久井在来大豆のみそを使ったクッキー「香ばしい味噌(みそ)クッキー」 | トップページ | 「高島屋」さーんや「そごう・西武」さーんは当面、食料品フロアのみ営業へ! »