« 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会が中止 | トップページ | 東京と伊豆を30年にわたり結んできたJRの特急「スーパービュー踊り子」さーんが、ダイヤ改正を前に運行最終日 »

3月 13, 2020

境川、大岡川両水系の洪水で影響が及ぶ範囲を示した横浜市内8区のハザードマップが完成

でもって、横浜市さーんの洪水ハザードマップは区別に作られているそうで、今回は中、南、磯子、港南、戸塚、栄、泉、瀬谷の8区が対象ってことで、両水系についてそれぞれ、最大規模の雨(境川24時間632ミリ、大岡川24時間332ミリ)と、堤防整備などの目標となる計画規模の雨(境川24時間302ミリ、大岡川1時間93ミリ)などによる浸水範囲を記載しているんだって。でで、これまでに作られた他区のハザードマップは、頻度の高い計画規模の浸水予測図を大きくしていたそうなんですけど、今回は昨秋の台風19号の経験も踏まえ最大規模の予測図をメーンにし、リスクを強調してんだと。ででで、境川水系は戸塚駅から大船駅にかけてのJR線沿いの一部で5メートル以上の浸水が予想され、瀬谷、泉区の西部も浸水エリアが広く、大岡川水系では、市営地下鉄線沿いを中心に市街地が広範囲に浸水することが示されてんだと。チェリーさんちはどうなんだろう?

|

« 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会が中止 | トップページ | 東京と伊豆を30年にわたり結んできたJRの特急「スーパービュー踊り子」さーんが、ダイヤ改正を前に運行最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会が中止 | トップページ | 東京と伊豆を30年にわたり結んできたJRの特急「スーパービュー踊り子」さーんが、ダイヤ改正を前に運行最終日 »