« 横浜駅西口の「ジョイナス」に、店舗の内装に赤れんがを使用するなど横浜をイメージした「パパブブレ相鉄ジョイナス店」がオープン | トップページ | 自宅で過ごす子どもの“巣ごもり”に関連した商品の需要が伸びていて少人数で長時間楽しめるボードゲームやパズルなどの玩具をはじめ、学習ドリルなどの販売も上向き? »

3月 06, 2020

相鉄いずみ野線南万騎が原駅前に、中華料理店「真龍(ツェンロン)」さーんが開業 presented by 相鉄ホールディングスさーん

でもって、有望な若手シェフを誘致する「相鉄沿線名店プロジェクト」の一環ってことなんだと。でで、駅に隣接する平屋の施設に店を構え、約55平方メートルにテーブルとカウンターの24席を設け、メニューづくりや内装デザインには、米大統領の晩さん会などで総料理長を歴任した山本秀正巨匠が関わってんだと。ででで、地場の野菜を使った酢豚や麺類などを提供すんそうで、店主には横浜中華街などで研さんを積んだ上野真太郎巨匠が就くんだと。となれば、こりゃぁ、期待してよいのかなあ?

|

« 横浜駅西口の「ジョイナス」に、店舗の内装に赤れんがを使用するなど横浜をイメージした「パパブブレ相鉄ジョイナス店」がオープン | トップページ | 自宅で過ごす子どもの“巣ごもり”に関連した商品の需要が伸びていて少人数で長時間楽しめるボードゲームやパズルなどの玩具をはじめ、学習ドリルなどの販売も上向き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜駅西口の「ジョイナス」に、店舗の内装に赤れんがを使用するなど横浜をイメージした「パパブブレ相鉄ジョイナス店」がオープン | トップページ | 自宅で過ごす子どもの“巣ごもり”に関連した商品の需要が伸びていて少人数で長時間楽しめるボードゲームやパズルなどの玩具をはじめ、学習ドリルなどの販売も上向き? »