« 3カ月ぶりの運転再開を20日に控えた「箱根登山ケーブルカー」の新型車両が公開 | トップページ | 「柳亭こちらく」師匠の真打披露 »

3月 20, 2020

マグロ料理で知られる飲食店「くろば亭」さーんが、メカジキの背骨でだしを取った「三崎白湯(ぱいたん)スープカレー」を完成

で、地魚がふんだんに使われた黄金色の新メニューは、4月にデビュー予定ってことなんだと。でで、捨てられることが多いというメカジキの背骨を隠し味に採用し、焼き上げることで香ばしくなると背骨をオーブンで焼き上げてから熱湯に入れ、だしを取って、数種類の野菜や10種のスパイス、カレー粉などを入れ、カジキの背びれのフライもトッピング。さらさらのスープをご飯にかけて食べるんだと。ででで、メカジキでスープを取るカレーっていうのは珍しいみたいで、「海軍カレー」と対抗できますかな。

|

« 3カ月ぶりの運転再開を20日に控えた「箱根登山ケーブルカー」の新型車両が公開 | トップページ | 「柳亭こちらく」師匠の真打披露 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3カ月ぶりの運転再開を20日に控えた「箱根登山ケーブルカー」の新型車両が公開 | トップページ | 「柳亭こちらく」師匠の真打披露 »