« 障害の有無にかかわらず、さまざまなアーティストが手掛けた絵画作品を紹介する「gallery FLAT(ギャラリーフラット)展」 in 川崎市幸区の複合施設「コトニアガーデン新川崎」内のgallery FLAT | トップページ | 川崎信用金庫さーんが全56店舗に「新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営相談窓口」を設置 »

2月 06, 2020

横浜市中区の三渓園で恒例の「観梅会」が始まりまーす!

でもって、見ごろは2月中旬以降といい、和の雰囲気に包まれた園内で紅白の梅約500本を楽しむことができるってことですぞ。でで、日本画家の下村観山大巨匠が屏風(びょうぶ)絵「弱法師(よろぼし)」で描いた龍が横たわるように広がる枝が印象的な「臥竜梅(がりょうばい)」や、花びらの付け根部分が緑色をした「緑萼梅(りょくがくばい)」などを観賞できるんだと。ででで、園内のあずまや「初音茶屋」では、100年以上前から使用している茶釜で温めた麦湯を無料でふるまう「麦湯接待」を実施するってことで、園の創設者・原三渓巨匠の長男と友達付き合いをしていた作家の芥川龍之介大巨匠も感激して、「ひとはかり浮く香煎や白湯の秋」という句を残したってことですぞ。お見事!

|

« 障害の有無にかかわらず、さまざまなアーティストが手掛けた絵画作品を紹介する「gallery FLAT(ギャラリーフラット)展」 in 川崎市幸区の複合施設「コトニアガーデン新川崎」内のgallery FLAT | トップページ | 川崎信用金庫さーんが全56店舗に「新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営相談窓口」を設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害の有無にかかわらず、さまざまなアーティストが手掛けた絵画作品を紹介する「gallery FLAT(ギャラリーフラット)展」 in 川崎市幸区の複合施設「コトニアガーデン新川崎」内のgallery FLAT | トップページ | 川崎信用金庫さーんが全56店舗に「新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営相談窓口」を設置 »