« 今年の干支の子(ね)にちなみ、ネズミの仲間「スナネズミ」が相模川ふれあい科学館のマンスリー水槽に展示 | トップページ | チェリーさんのご主人の仕事始め »

1月 06, 2020

各界の著名人が描いた絵馬285枚が川崎市川崎区の稲毛神社境内で展示

でもって、絵馬は入札形式で一般販売され、収益は東日本大震災の被災者支援に寄付されるんだと。でで、今年で42回目の恒例行事ってことみたいで、バスケットボールBリーグ川崎ブレイブサンダースのニック・ファジーカス選手や、サッカーJ1川崎フロンターレの中村憲剛選手ら川崎ゆかりのアスリート、文化人らによる色とりどりの絵馬が並んでんそうで、川崎らしく競馬関係者の絵馬も多く、今年は初めて世界屈指の騎手といわれるランフランコ・デットーリ騎手の絵馬も展示されてんだって。ででで、この神社での展示は明日7日までってことで、9日から31日まで川崎モアーズでも展示され、入札はモアーズでも受け付けてんそうですぞ!チェリーさんも何か入札してみようかなあ?

|

« 今年の干支の子(ね)にちなみ、ネズミの仲間「スナネズミ」が相模川ふれあい科学館のマンスリー水槽に展示 | トップページ | チェリーさんのご主人の仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の干支の子(ね)にちなみ、ネズミの仲間「スナネズミ」が相模川ふれあい科学館のマンスリー水槽に展示 | トップページ | チェリーさんのご主人の仕事始め »