« 日本大学生物資源科学部博物館が、「骨の博物館」としてリニューアルオープン in 藤沢市 | トップページ | 12月15日から1月6日まで、「神奈川県・山梨県のご当地キャラクターに年賀状を送ろう!」キャンペーン »

12月 14, 2019

視覚障害者のみなさーんと健常者のみなさーんが共に彫刻鑑賞を楽しむ「手で触れて見る彫刻展」 in 藤沢市民会館第1展示集会ホール

で、この展覧会、藤沢市内在住の彫刻家桒山(くわやま)賀行巨匠が1992年に始め、今回で29回目ってことで、桒山巨匠の作品をはじめ、主宰する彫刻教室「土曜会」の生徒17人のみなさーんの作品約60点が展示されてんだと。でで、来場者のみなさーんは立体的な作品に触れながら、木で表現された桒山巨匠の世界を体感できるようで、四天王や不動明王、観音菩薩(ぼさつ)などの仏像やペットのネコ、昔話の主人公をテーマにしたバラエティーに富んだ彫刻も並べられてんみたいですぞ。ででで、どんどん触って観ていいそうなんで、じっくり、しっかり、きちんと芸術を味わってみたいですな。

|

« 日本大学生物資源科学部博物館が、「骨の博物館」としてリニューアルオープン in 藤沢市 | トップページ | 12月15日から1月6日まで、「神奈川県・山梨県のご当地キャラクターに年賀状を送ろう!」キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本大学生物資源科学部博物館が、「骨の博物館」としてリニューアルオープン in 藤沢市 | トップページ | 12月15日から1月6日まで、「神奈川県・山梨県のご当地キャラクターに年賀状を送ろう!」キャンペーン »