« 京急線6駅の駅名を変更する時期を来年3月14日に決定! | トップページ | 日本外航客船協会が選定した「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」の特別賞に横浜港 »

12月 18, 2019

歩道の狭さが課題となっていた「厚木第二踏切」の改良工事が、年度内に完了する見通し!

で、片側50センチ足らずだった歩道部分を5倍に拡幅し、お年寄りやベビーカーも安心して通れるよう、バリアフリーも施したってことで、住民のみなさーんの要望を受け、事業計画に着手して8年余ってことみたいですぞ。チェリーさんがびなにいたころからなんですなあ。でで、この厚木第二踏切、JR相模線と小田急小田原線が乗り入れる厚木駅から南に約80メートルの位置にあるってことで、元々、歩道が極端に狭く、全幅7メートルのうち、6メートルは車道部分で、歩道部分は両側に約50センチずつしかなく、歩行者と自転車がすれ違うのは困難だったようですぞ!ででで、改良に伴い、踏切の全幅は1.7倍の12メートルに拡張され、車道部分はそのままに、歩道部分の幅員は5倍の片側2・5メートルに広がり、またお年寄りやベビーカーがつまずかないよう、路面の凹凸もなくしたようですぞ。やれば、できるってことですな!ならば、チェリーさんちの周りの道も、・・・?

|

« 京急線6駅の駅名を変更する時期を来年3月14日に決定! | トップページ | 日本外航客船協会が選定した「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」の特別賞に横浜港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京急線6駅の駅名を変更する時期を来年3月14日に決定! | トップページ | 日本外航客船協会が選定した「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」の特別賞に横浜港 »