« 大正時代に横浜の食堂で提供されていたビーフシチュー「都シチウ」を横浜市神奈川区のそば・和食店「島田橋やぶ」さーんが復元 | トップページ | 川崎の街をジャズの音色で染める「かわさきジャズ2019」 »

11月 06, 2019

横浜市保土ケ谷区の星川杉山神社さーんで天然記念物の沖縄県のみに生息する「リュウキュウヤマガメさーんが見つかったってことですぞ!

で、「リュウキュウヤマガメ」さーん、沖縄本島、渡嘉敷島、久米島のみに分布し、1975年に国の天然記念物に指定された絶滅危惧種ってことで、落ち葉のような甲羅と褐色の体表が特徴なーんだって。でで、この神社さーんで最初に目撃されたのは、10月22日ってことで、すぐに姿を消し、今月2日に境内の隅々を捜索し、斜面地の枯れ葉に紛れているところを見つけて保護されたんだと。ででで、このカメの取引はワシントン条約で規制されているみたいで、中国や香港で鑑賞用として需要があり、1匹数十万円の高値で密輸されているんだと。そんでもって、当のカメさーん、体長12センチのメスでけがはなく、元気ってことみたいなんですけど、今後、どうなっちゃうんだろう?チェリーさんには手も足もでませーん!

|

« 大正時代に横浜の食堂で提供されていたビーフシチュー「都シチウ」を横浜市神奈川区のそば・和食店「島田橋やぶ」さーんが復元 | トップページ | 川崎の街をジャズの音色で染める「かわさきジャズ2019」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大正時代に横浜の食堂で提供されていたビーフシチュー「都シチウ」を横浜市神奈川区のそば・和食店「島田橋やぶ」さーんが復元 | トップページ | 川崎の街をジャズの音色で染める「かわさきジャズ2019」 »