« 初の「温研」の相模野 | トップページ | 横浜市保土ケ谷区の星川杉山神社さーんで天然記念物の沖縄県のみに生息する「リュウキュウヤマガメさーんが見つかったってことですぞ! »

11月 05, 2019

大正時代に横浜の食堂で提供されていたビーフシチュー「都シチウ」を横浜市神奈川区のそば・和食店「島田橋やぶ」さーんが復元

てなことで、100年前の味をもう一度ってことで評判になっているみたいですぞ。でで、「濱のビーフシチウ」の肉は、和牛の肩バラを5時間ほど煮てからオーブンでじっくり火を通すため、口に入れるとほろりと崩れちゃうみたいで、シチューは何度もこして雑味を取るので、深いこくがあるのに重くなく、ニンジンやマッシュルーム、ジャガイモなどの野菜は別に味付けをして合わせ、手間をかけ、仕込みから完成まで3日はかかるというんだって。そりゃあ、うまい!ですぞ!きっと!ででで、どうやらお持ち帰りもあるようで、ならば・・・!

|

« 初の「温研」の相模野 | トップページ | 横浜市保土ケ谷区の星川杉山神社さーんで天然記念物の沖縄県のみに生息する「リュウキュウヤマガメさーんが見つかったってことですぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初の「温研」の相模野 | トップページ | 横浜市保土ケ谷区の星川杉山神社さーんで天然記念物の沖縄県のみに生息する「リュウキュウヤマガメさーんが見つかったってことですぞ! »