« 川崎市幸区の子育て情報誌「おこさまっぷさいわい」のおでかけ版 | トップページ | 2020年開催の東京五輪・パラリンピックで、選手村の交流スペース「ビレッジプラザ」の建設に利用される津久井産材の引渡し »

10月 19, 2019

オリジナルフレーム切手「旭区誕生50周年記念」を、横浜市旭区内の郵便局で、千シート限定販売

でもって、発売初日の20日は旭区区鶴ケ峰商店街で開催される「第30回旭ふれあい区民まつり」でのみ販売するってことみたいですぞ。なーんかもったいぶってますな。でで、この切手、旭区のマスコットキャラクター「あさひくん」の50周年記念イラストや記念事業、区内の見どころ写真を基に作成したそうですぞ。ででで、価格は1シートが84円切手10枚で1400円ってことで、なーんか・・・?

|

« 川崎市幸区の子育て情報誌「おこさまっぷさいわい」のおでかけ版 | トップページ | 2020年開催の東京五輪・パラリンピックで、選手村の交流スペース「ビレッジプラザ」の建設に利用される津久井産材の引渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎市幸区の子育て情報誌「おこさまっぷさいわい」のおでかけ版 | トップページ | 2020年開催の東京五輪・パラリンピックで、選手村の交流スペース「ビレッジプラザ」の建設に利用される津久井産材の引渡し »