« それでもずいぶん秋めいて | トップページ | 幕末から明治にかけて、華やかな装飾と高度な職人技で海外の人々を魅了した陶磁器を紹介する「幻の横浜焼・東京焼展」 in 横浜高島屋ギャラリー »

9月 25, 2019

ラボ長のカンボジアのお弟子さーんとてんぷら

てなことで、なんとも1年ぶりにて東京駅近くのおいしいてんぷら屋さーんへと、チェリーさんのご主人、出かけていきましたぞ。今回は、ラボ長のカンボジアのお弟子さーんと宴るってことで、ずいぶんワールド・ワイドになりましたな。でで、そのお弟子さーん、何やらのチャンピオンであり、なおかつ、教育について学んでいる大学院生さーんなんだって。文武両道ってみたいですぞ。すっごーい!ででで、今回の印象深いラインナップは、栗、マツタケ、キス、イカってところで、その他にもおいしい食材ばかりだたんだと。チェリーさんのご主人とお弟子さーん、盛り上がったのかなあ?っていうか、何語で会話したのかなあ?っていうか、チェリーさんのご主人、日本語以外にできたかなあ?

|

« それでもずいぶん秋めいて | トップページ | 幕末から明治にかけて、華やかな装飾と高度な職人技で海外の人々を魅了した陶磁器を紹介する「幻の横浜焼・東京焼展」 in 横浜高島屋ギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでもずいぶん秋めいて | トップページ | 幕末から明治にかけて、華やかな装飾と高度な職人技で海外の人々を魅了した陶磁器を紹介する「幻の横浜焼・東京焼展」 in 横浜高島屋ギャラリー »