« 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 | トップページ | 消防レスキュー隊の「甲子園」と呼ばれる「全国消防救助技術大会」の水上の部で、藤沢市消防局の水難救助隊員が2種目で全国トップの快挙 »

9月 13, 2019

今年7月に引退した箱根登山鉄道の車両「モハ1形107号」が「鈴廣かまぼこ」さーんが小田原市内で運営するカフェの飲食スペースとして

でもって、無償譲渡された当の車両、今月8日にオープンしたカフェ「えれんなごっそ CAFÉ107」のイートインスペースとして利用されてんだと。でで、車内のつり革や寄せ木細工柄のシートは“現役”当時のままってことで、窓越しに運転台を見ることもでき、電車での旅気分を味わってもらおうと、箱根湯本~強羅間車窓から見た景色の映像を流すモニターも設置してあって、車両の下には、実際に使われていたレールが敷かれているんだって。こりゃぁ、動き出しますぞ!ででで、カフェではかまぼこを使用したサンドイッチ、107号をモチーフにしたケーキなどが販売されてんみたいですぞ。「鉄ちゃん」は泣いて喜びますかな。

|

« 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 | トップページ | 消防レスキュー隊の「甲子園」と呼ばれる「全国消防救助技術大会」の水上の部で、藤沢市消防局の水難救助隊員が2種目で全国トップの快挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 | トップページ | 消防レスキュー隊の「甲子園」と呼ばれる「全国消防救助技術大会」の水上の部で、藤沢市消防局の水難救助隊員が2種目で全国トップの快挙 »