« 小田急線百合ケ丘駅周辺で、はしご酒を楽しむイベント「ゆりバル」 | トップページ | 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 »

9月 11, 2019

敬老の日に向けて伊豆箱根鉄道さーんが小田原と南足柄両市を結ぶ大雄山線の車内に優先席を啓発するステッカーを張り出しまーす!

でもって、どうやら1973年9月15日の敬老の日に、この線と駿豆線、旧国鉄の中央線快速電車が日本で初めてシルバーシートを導入したってことなんだって。へーぇ!でで、そのシルバーシート、各鉄道会社に普及し、現在は優先席と呼ばれるようになってますな。ででで、ステッカー、縦110ミリ、横410ミリで、「ゆずりあいを大切に」といったメッセージが記載され、この線の6編成のうち、優先席がある車両の窓に貼付するんだと。いやはや、小さなアイディアが大きくなりましたな!

|

« 小田急線百合ケ丘駅周辺で、はしご酒を楽しむイベント「ゆりバル」 | トップページ | 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急線百合ケ丘駅周辺で、はしご酒を楽しむイベント「ゆりバル」 | トップページ | 今年は外国人観光客も楽しめるように初の「インバウンド薪能」として開催 »