« 箱根登山鉄道の「箱根湯本-強羅」間の開業100周年を記念したオリジナルフレーム切手を千シート限定で発売 | トップページ | 小田原城址公園でハナショウブがしっとりと »

6月 10, 2019

清泉女学院中学高等学校の音楽部のみなさーんが、11カ国34団体で競った5月の国際合唱コンクールに国内の団体で唯一出場し、総合グランプリに!

で、中高生計約80人のみなさーんが所属するってことみたいで、この部、国内だけでなく、海外でも高い評価を得ているそうで、世界6大合唱コンクールの一つ「セギッツィ」で総合2位に選ばれ、オーストリアでの大会では総合優勝を果たしてるんで、この5月にラトビア共和国で開かれた国際合唱コンペティション「RIGA SINGS」の主催者の方から出場を打診されたんだって。すっごーい!んでしょうなあ。でで、そのコンペでは、宗教曲、民族音楽、ユース-の三つの部門にエントリーし、高校1~3年の約40人のみなさーんが13曲を歌い上げ、民族音楽部門では、日本の文化を知ってもらうため、童歌を歌う際に浴衣を着用し、けん玉やお手玉を披露し、三線(さんしん)などの演奏とともに、沖縄の伝統芸能「エイサー」も踊ったんだって。それは、すっごーい!ででで、結果、三つの部門とも1位を獲得し、各部門を制した団体が参加できるグランドコンペティションに進み、そこでも他の7団体を制して総合グランプリに選ばれたってことで、いやはや、すっごーい!おめでとうございまーす!歌っていいなあ。みーんなよい体験ができましたな!

|

« 箱根登山鉄道の「箱根湯本-強羅」間の開業100周年を記念したオリジナルフレーム切手を千シート限定で発売 | トップページ | 小田原城址公園でハナショウブがしっとりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱根登山鉄道の「箱根湯本-強羅」間の開業100周年を記念したオリジナルフレーム切手を千シート限定で発売 | トップページ | 小田原城址公園でハナショウブがしっとりと »