« 「働き方改革」かな? | トップページ | 長井海の手公園「ソレイユの丘」で3月、ヒツジの赤ちゃん3匹が誕生 »

4月 04, 2019

川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」の栽培名人と人気キムチ店がタッグを組み、「のらぼう菜キムチ」

で、新商品の開発で協力したのは、多摩区菅地区の農家で地域特産物マイスターの高橋孝次巨匠と、通販サイトで最大半年待ちという「イカキムチ」で有名な「おつけもの慶」さーんってことなんだと。でで、約800年前からこの地区に伝わるアブラナ科ののらぼう菜は、栄養価が高く甘みがあるのが特徴ってことで、湯通して緑色を鮮やかにしてから、自慢のキムチの素(もと)で漬け込み、深みのある味に仕上がってるみたいですぞ。ででで、のらぼう菜の収穫は春に限られることから、春になって、このキムチを食べて、「きむちいい!」って感じになればよいですかな?

|

« 「働き方改革」かな? | トップページ | 長井海の手公園「ソレイユの丘」で3月、ヒツジの赤ちゃん3匹が誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「働き方改革」かな? | トップページ | 長井海の手公園「ソレイユの丘」で3月、ヒツジの赤ちゃん3匹が誕生 »