« よこはま動物園ズーラシアで、コウノトリの雌の赤ちゃんがふ化 | トップページ | あつあつのハーバー? »

4月 25, 2019

愛川町さーんのごみ処理施設「美化プラント」では、不要品として施設に持ち込まれたこいのぼりを再利用して掲揚

で、春風が吹く中、大小計約70匹のこいのぼりが風にそよぎ、山里の風景に彩りを加えているってことですぞ。でで、愛川町さーんでは家庭系ごみで1辺50センチを超えるものが粗大ごみに該当し、処分するには施設に持ち込むなどする必要があるってことで、こいのぼりは子どもの成長などとともに不要になった品々とみられ、施設が処分せず活用法を探っていたみたいですな。ででで、2016年度から掲揚をスタートさせ、施設の外からも眺めることができ、なーんか巷で話題になってんそうですぞ!そんなこんなで、ここんところ「こい」の調子もよくなって、「ベイ」は連敗続きとなってんみたいですな。あらら。

|

« よこはま動物園ズーラシアで、コウノトリの雌の赤ちゃんがふ化 | トップページ | あつあつのハーバー? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よこはま動物園ズーラシアで、コウノトリの雌の赤ちゃんがふ化 | トップページ | あつあつのハーバー? »