« 新元号「令和」の発表を祝おうと、横浜・八景島シーパラダイスでアシカの仲間・オタリアが特製の丁字形の筆をくわえ、新元号「令和」を豪快に書き上げるパフォーマンス | トップページ | 川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」の栽培名人と人気キムチ店がタッグを組み、「のらぼう菜キムチ」 »

4月 03, 2019

「働き方改革」かな?

で、相模原市内には18消防署に救急隊が置かれていて、3人1チームが交代制で任務に就いているってことみたいなんですけど、24時間勤務のため、育休後や育児中の隊員が救急隊の活動に従事することは難しいってことだったんだと。でで、多様な働き方を実現しようと、運用時間を平日(祝日などを除く)の午前8時半から午後5時15分までに限定した日勤救急隊を創設したってことで、相模原消防署本署に配置したそうですぞ。「働き方改革」ってことなんですかなあ?ででで、1チームは6人編成で2人が女性で、6人のうち1人が現在育休中みたいで、英会話が堪能な隊員を1人置き、 4人が救急救命士の有資格者で、このうち1人は救急救命士を指導する指導救命士の資格があるってことで、いやはや盛沢山ですなあ。

|

« 新元号「令和」の発表を祝おうと、横浜・八景島シーパラダイスでアシカの仲間・オタリアが特製の丁字形の筆をくわえ、新元号「令和」を豪快に書き上げるパフォーマンス | トップページ | 川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」の栽培名人と人気キムチ店がタッグを組み、「のらぼう菜キムチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号「令和」の発表を祝おうと、横浜・八景島シーパラダイスでアシカの仲間・オタリアが特製の丁字形の筆をくわえ、新元号「令和」を豪快に書き上げるパフォーマンス | トップページ | 川崎市の伝統野菜「のらぼう菜」の栽培名人と人気キムチ店がタッグを組み、「のらぼう菜キムチ」 »