« 横浜・MM21地区で、本来は熱帯から亜熱帯に生息するヒナハゼなど南方系の魚類が新たに確認 | トップページ | 小田急線生田駅近くの五反田川沿いで、河津桜が見頃 »

3月 05, 2019

2018年下半期(7~12月)の人身事故多発エリア10カ所をホームページなどに公開 presented by 神奈川県警でありまーす!

そんでもって、1キロ四方当たりの人身事故の発生状況を分析してワースト10を抽出し、エリアごとに地図上で発生地点を示すとともに、事故の主な態様や多発時間帯、県警殿による重点的な取り締まり内容を確認できるんだと。でで、県警交通部殿が事故防止に役立てようと、昨夏に18年上半期(1~6月)の多発エリアをHPに初公開し、今回はその更新版で、どうやら今後も半期ごとに更新していくようでありまーす!ででで、下半期のワースト10は、(1)阪東橋駅周辺、(2)関内駅周辺、(3)新川橋交差点周辺、(4)伊勢佐木長者町駅周辺、(5)浅間下交差点周辺、(6)本村インターチェンジ周辺、(7)本厚木駅周辺、浜松町交差点周辺、(9)横浜駅周辺、(10)鶴見駅周辺、ってこととなったようでありまーす!とにかく、気をつけるでありまーす!

|

« 横浜・MM21地区で、本来は熱帯から亜熱帯に生息するヒナハゼなど南方系の魚類が新たに確認 | トップページ | 小田急線生田駅近くの五反田川沿いで、河津桜が見頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年下半期(7~12月)の人身事故多発エリア10カ所をホームページなどに公開 presented by 神奈川県警でありまーす!:

« 横浜・MM21地区で、本来は熱帯から亜熱帯に生息するヒナハゼなど南方系の魚類が新たに確認 | トップページ | 小田急線生田駅近くの五反田川沿いで、河津桜が見頃 »