« 「花のお寺」として親しまれている大和市福田の常泉寺でミツマタが見頃 | トップページ | アサヒスーパードライ「横浜DeNAベイスターズ」ラベル缶 presented by アサヒビールさーん »

3月 24, 2019

川崎市内114校目の小学校で、はるひ野小中学校(麻生区)以来11年ぶりの新設小となる市立小杉小学校

で、高層マンションが林立する川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺の人口急増を受けてのことのようで、西丸子小と今井小の学区を分割し、初年度は約370人の児童のみなさーんが通うみたいですぞ。でで、校舎は、鉄骨・一部鉄筋造りの5階建てで、普通教室は18あるそうなんですけど、今後の人口増をにらみ、最大で30教室まで増やせるようオープンスペースなどが確保されてんだと。まだまだ増えるんですなあ。ででで、外壁や内装に木材をふんだんに使用してるみたいで、住宅地の真ん中に立地しているため、砂ぼこりの飛散を防ぐ目的などから、グラウンドには人工芝が敷き詰められてんだって。ちなみに、チェリーさんのご主人の通ったびなの小学校もまだしっかり残ってますぞ!

|

« 「花のお寺」として親しまれている大和市福田の常泉寺でミツマタが見頃 | トップページ | アサヒスーパードライ「横浜DeNAベイスターズ」ラベル缶 presented by アサヒビールさーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「花のお寺」として親しまれている大和市福田の常泉寺でミツマタが見頃 | トップページ | アサヒスーパードライ「横浜DeNAベイスターズ」ラベル缶 presented by アサヒビールさーん »