« 寒い!寒い! | トップページ | 市場で出回ることも少なく“幻のサツマイモ”ともいわれる平塚特産の「クリマサリ」を素材にした「湘南さつま芋カステラ」 »

2月 16, 2019

愛川町三増の三増合戦場跡に、日本語と英語のPR看板1基を設置 presented by 愛川町さーん

でもって、どうやら日本人観光客のみなさーんだけでなく、2020年東京五輪を見据えて外国人観光客のみなさーんにもPRする狙いってことみたいですぞ。でで、チェリーさんが小耳にはさんだところによりますと、三増合戦は1569(永禄12)年、甲斐の武田信玄巨匠と小田原の北条氏康巨匠の軍が戦った合戦ってことで、戦国時代の山岳戦として名高く、史書「甲陽軍鑑」では北条方3269人、武田方900人が戦死したと記されてるってことですぞ!まあ、ものすごーい!戦いってことだったってことですな。ででで、看板は高さ約2メートル、幅60センチのアルミ製ってことで、勇壮な騎馬武者を描き、片側は黄色をベースにしたデザインで「北条軍対武田軍 三増合戦史蹟めぐり」と日本語で記してあって、反対側は赤を基調にして「Hojo vs Takeda」などと英語表記してあるんだと。 外国のみなさーんは興味あるのかなあ?

|

« 寒い!寒い! | トップページ | 市場で出回ることも少なく“幻のサツマイモ”ともいわれる平塚特産の「クリマサリ」を素材にした「湘南さつま芋カステラ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛川町三増の三増合戦場跡に、日本語と英語のPR看板1基を設置 presented by 愛川町さーん:

« 寒い!寒い! | トップページ | 市場で出回ることも少なく“幻のサツマイモ”ともいわれる平塚特産の「クリマサリ」を素材にした「湘南さつま芋カステラ」 »