« 冬の味覚、カキなどが堪能できる「肉牡蠣(かき)小屋」 on JR川崎駅前の川崎モアーズ屋上 | トップページ | 傷病者の搬送にあたる救急隊員の負担を軽減しようと、びなが作業支援用のロボットスーツの導入? »

1月 20, 2019

小田急線片瀬江ノ島駅

でもって、竜宮城をイメージしたデザインで知られる小田急線片瀬江ノ島駅なんですけど、この駅舎、1929年、小田急江ノ島線の開業と同時に誕生し、江の島の竜宮信仰を反映したデザインで、国土交通省の「関東の駅百選」に選ばれてんだと。でで、江の島が東京五輪のセーリング競技会場に選ばれたってことなんで、藤沢市さーんは駅前の都市計画道路を拡幅することを決断し、ならばと小田急電鉄さーんもそれに合わせ、老朽化する駅舎を建て替えることにしたんだと。ででで、どうやら今月から本体を解体し始め、五輪前の2020年5月の完成を目指すそうで、江の島の玄関口として90年間、親しまれてきた木造駅舎ってことで、これまでお疲れさまでした。ありがとうございまーす!

|

« 冬の味覚、カキなどが堪能できる「肉牡蠣(かき)小屋」 on JR川崎駅前の川崎モアーズ屋上 | トップページ | 傷病者の搬送にあたる救急隊員の負担を軽減しようと、びなが作業支援用のロボットスーツの導入? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急線片瀬江ノ島駅:

« 冬の味覚、カキなどが堪能できる「肉牡蠣(かき)小屋」 on JR川崎駅前の川崎モアーズ屋上 | トップページ | 傷病者の搬送にあたる救急隊員の負担を軽減しようと、びなが作業支援用のロボットスーツの導入? »